2014年6月14日土曜日

不潔恐怖と洗浄強迫(強迫性障害)6-症状編

不潔恐怖と洗浄強迫(強迫性障害)5-症状編
で説明したように、ティッシュを使ったり足で物に触れたりすることで、
日常生活をなんとか送れるようになることで、精神状態が少し楽になりました。
それまでは何もかも汚れているとしか思えないので、
何かを触るたびに手洗いをしなければなりませんでした。

それが苦になって次第に何も触れなくなっていき、
日常生活がまともに送れなくなっていたのですが、
なんとか物に触れるようになったので、
日常生活をなんとか送れるようになったのです。
したいことが出来るようになるだけで、精神状態はかなり改善されました。

もっとも、日常生活をなんとか送れるようになりましたが、
根本的には何の解決にもなっていませんでした。
物を極度に汚いとしか思えなくなっているからこそ、
ティッシュや足を使うことでしか物に触れないわけですし、
うっかりほんの少しでも何かに触れてしまったら、
手を洗わなければなりません。

ですので、日々の生活は何をするにも神経を使っていましたので、
酷く気疲れをする毎日を過ごしていました。
手を洗うだけのことなのですが、それが数十回も必要で、
しかも一回一回にかなりの時間がかかりますから、
相当に苦痛を感じる毎日だったのです。

これが物だけならよかったのですが、
自分の手のひら以外の自分の体も全て汚い物としか思えませんでした。
ですので、うっかり自分の皮膚にでも触れようものなら、
即座に手洗いをしなければなりませんでした。
どこかが痒くて思わずかいてしまうと、すぐに手洗いです。

ですので自分の体に触れる時もティッシュ越しに触れていました。
自分の体が汚いということですと、どこに移動しても、
汚い物から逃れることが出来ないのが酷く辛かったです。
逃れられない恐怖です。
そのため、睡眠時以外は常に緊張して過ごすことになっていました。





不潔恐怖と洗浄強迫(強迫性障害)1-症状編

不潔恐怖と洗浄強迫(強迫性障害)2-症状編

不潔恐怖と洗浄強迫(強迫性障害)3-症状編

不潔恐怖と洗浄強迫(強迫性障害)4-症状編

不潔恐怖と洗浄強迫(強迫性障害)5-症状編

不潔恐怖と洗浄強迫(強迫性障害)7-症状編

不潔恐怖と洗浄強迫(強迫性障害)8-症状編





応援のクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ
にほんブログ村





1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

相互リンクのご連絡 - 強迫性障害の症状・原因・治療法ガイド 運営者:小林 忍

はじめまして、私下記サイトを運営しております小林 忍と申します。

強迫性障害の症状・原因・治療法ガイド
http://www.強迫性障害jp.com/

当サイトでは、強迫性障害についての情報を多数掲載しております。

この度、有益な情報を発信されている貴サイトと、相互リンクさせていただきたく、ご連絡させていただきました。

誠に勝手ながら、貴サイトへのリンクは当サイト下記リンク集に掲載済みです。
http://www.強迫性障害jp.com/infomation/link.html

もしリンクしていただけるのであれば、
下記内容でご紹介いただけますと幸いです。

タイトル:強迫性障害の症状・原因・治療法ガイド
サイトURL:http://www.強迫性障害jp.com/
サイト説明(省略可):
強迫性障害の症状・原因・治療法ガイドでは、
強迫性障害の基礎知識、強迫観念・強迫行為などの症状、
脳内のセロトニンといった原因、薬物療法・強迫性障害の心理療法等の治療法
について解説しております!
バナーURL(省略可):http://www.強迫性障害jp.com/bana-/bana-.gif

以上です。

非常にお手数ですが、何卒宜しくお願い申し上げます。

----------------------------------
運営者 小林 忍
info.nonnon@gmail.com
----------------------------------